Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々。

冬眠の準備してたらこっちを書いてなかった…。

…金魚って冬眠するっけ???

それはさておき、もう年末。

2006年も色々あったなぁ。

こけっぷの中でも色々変わったけど、その一つ!!!

本を読むのが楽しくなった。

兵庫の山から大阪の山奥までの道のりを、本と共にえっちらおっちら。

バスでも電車でも、短いひれで本を持ってせっせと読んでます。


ってなわけで。

気に入った本の紹介をこれからちょこちょとできたらなと。

今日はこれ!!!

赤坂次郎著 『校庭に虹は落ちる』

長い人生のほんの一部。

学校という時間は、一生の長さと比べると実に短いが、

そこで子供が受ける影響は大きく、

人生を180度変えてしまう可能性もある。

ヒロインの朝野さつき。

彼女は「学校」という時間によって、かけがえのないものを失う。

友人の死、母親の自殺…。

学校からの卑劣な対応に苦しんださつきは、

辛い記憶を頭の中から消し去るように、

「学校」という時間を恐れ、

そこで起きたことをすぐに忘れてしまう。

彼女を支える新しい友人や担任教師。

彼らもまた、「学校」という時間に不信感を抱いていた。

少しずつ心を開きだしたさつきは、

徐々に過去と向き合い、少しずつ記憶を取り戻していく。

彼女の姿勢に心うたれる人々。

反対にそれを憎み、攻撃してくる人々。

「学校」という時間が生んだ、複雑な人間関係。

さつきは過去を乗り越え、くじけることなく今を生き抜き、

ごく普通の女子校生として、

未来を見つめられるようになるのだろうか…。



   《「命」よりもルールが大事なのだろうか?
             ---それが、教育なのだろうか。》

本書のあとがき(401ページ参照)に記されたこの言葉。

私が世間に投げかけたい言葉と一致している。

教師の職場である学校。

大抵の教師は、自分の学校が「事件」に巻き込まれることを拒む。

当然といえば当然かもしれない。

自分の学校の名誉が傷つけられては困るから。

だから「何か起きるかも知れない」と察したとき、

学校は被害を受けている、或いは受けて屈した子供から目をそらし、

その関係者をも封じ込め、

できるだけ平静を装ってやりすごそうとする。

保護者も、我が子が不利な立場に置かれることを恐れ、

害が及ぶのを避けるかのように、

一丸となって当事者やその家族に追い討ちをかける。

「学校」という時間の裏に広がる世界。

極端な批判を書いてるかも知れないけど、

これは実際に起こっていることであり、

本の中でもこういった出来事が綴られている。


傷ついた子供は、何かの形で一生それを引きずる。

我が子を傷つけられた保護者は、子供を守れなかった責任に苦しみ、

憎しみと怒りをもって日々を送ることになる。

「学校」という時間は、人を苦しめるためにあるのか?

そうではないはずだ。

素敵な仲間に出会い、自らの能力を引き出し、

社会の荒波にも耐えうる強靭な精神を養う場ではないか。

何が正しくて、何が間違っているか、

物事の善し悪しを見極められるよう、

子供たちが判断力を身につける場ではないか。





「学校」という時間。

卒業して振り返れば、戻ることのできないその時間の大切さに、

誰もが気づくことになるだろう。

どれだけ貴重か、学校での出来事が子供の将来にどれ程影響するか。

私にはまだ分からないことが沢山あるけれど、

教育に携わるものには、やっぱりいつも意識していてほしい。

そして教育現場が背後に抱えている世界が

今のままでいいのかどうか、

良心でもって考え直してほしいところだ。









スポンサーサイト

幸福。

街はすっかりクリスマスムード。

寒さの中にも温かみのあるこの季節が好き。

些細なことにも幸せを見いだせそう。



時々幸福ってなんだろうって考えるときがある。

好きなときに好きなことをやれること?

欲しいものが手に入ること?

夢が実現すること?

大きな仕事をうまくやり遂げること?

誰かにありがとうって言われること?

大切な人が側にいてくれること?

自分の居場所を自覚できること?

新しい出会いがあること?

書いてたら切がない。



私にとって幸福ってなんだろう。

難しいな。

今書いたのも全部私にとっては「幸福」の一部。

でもその原点となる、「幸福」の源って何だろう・・・



そうだ。

「幸せ」って思えること、「幸福」について考える余裕があること、

これが私にとっての「幸福」の源なのかも知れない。

だったら私は、今までずっと「幸福」な人生を送ってきたんだろうな。

今まで幾度となく、「幸せ」っていう気持ちを経験してきたから。


私は、「幸せ」。




現実。

いかんいかん。

私にとって大切なものはなんだ?

私は何がしたいんだ?

決まらないよ。決められないよ。

どうやったら決められるの?

我慢はしたくない。

でも我慢はしなきゃいけない。

やりたいことをやる。

どこまでなら許されるの?

やりたいことがありすぎる。

欲張り?わがまま?




現実。決してあまくない現実。



もっと決断力がほしい・・・


反応。

最近からか前からか分からんけれど

こけっぷは見るのも聞くこと、あらゆる物に反応する。

映画を見ては泣き

夕日を見ては落ち込み

ある人と話すと悩み

またある人と話すと癒され・・・

気持ちの浮き沈みが激しい。

まぁ何も感じないよりはいいにしても、

こう何でもかんでも反応してると

ころころ心の中が変わっていって訳が分からなくなりそう。

本当の自分ってなんだろう?

こけっぷの本当の気持ちはどこにあるのだろう?

こけっぷが求めるのもって何なのだろう?

色んなことに反応し、

色んなことに心動かされ、

色んなことに左右される。

ぁあ・・・何もない水槽は心地良いだろうな・・・なんて。

言葉。

「いつまでもお天道様に背向けて生きてんじゃねぇ!」

何年か前(つい最近のような気も)見た『ごくせん』で、

やんくみがこんな感じのことを言ってた。

この言葉すごい好き。

不良少年に向かってぶつけたこの一言。

誰にでも通じる気がする。

前を向いて歩こう。人生一度っきり。

人に正直に、自分に正直に。

生きていられる限り、素直でありたい。

生きていることの意味を実感していたい。

あの日の、あの一言。

言葉って偉大。





宣言。

夢を語ること、追うことはいけないことですか?



あなたの好きなことは分かった。

すごく楽しそうで、生き生きしてる。

辞めろなんていわない。今は続けるのは自由。

でも良く考えなさい。

どこまでやるの?何であなたがそこまでやらないといけないの?

将来どうしたいの?

あなたの考えが読めない。

安定した将来を送ってほしい、就職して、真っ当な道を歩んでほしい。



夢を語れば、そうでなくてもこっちが口を開けば、

必ずこの返事。毎日エンドレスリピート。

自然と作られる壁。居心地が悪い。



言われるのは当たり前のことで、間違ってない。

心配なのは分かる。

勉強が大事なのは分かる。

働かないといけないのは分かる。

勉強する。

就職もするつもり。




でもやりたいことはやるよ。

今だけじゃなくて、これからもずっと。

だれがなんと言おうと。

もうスタートは切ったんだ。

まだ土台すらできてない、落ちこぼれかもしれないけど。

一人じゃなにもできない、ぷかぷか浮いてるだけの金魚だけど。

どんなに時間がかかっても。何年先になっても、諦めることはしたくない。




我慢したくない。

自分の気持ちにウソつく人生は、もう嫌だから。



初回。

最初の日記ってどうやって始めたらいいんか良く分からない・・・

でも最初だし、これを始めることにした理由でも書こうかな。

ぁ、先に言っとくと、

もう一個のブログ、一回だけ日記書いて久々開いてみたら変なことに・・・

なってたんでこっちで新しく立て直しました。


これとはまた別の所で日記書いてはいるけど、

私の中であっちは昔の友達、なかなか会えない人達に近況報告する用・・・

良く分からんがあっちとは別で、自分が考えたこととか

疑問に思ったこととか、書けるところ作ろうかななんて。


悲しいことにこけっぷは人付き合い苦手。

周りがどう思ってるか知らないが。

誰かと一緒にいないと寂しいわりに

自分出すの下手やし相手の中に踏み込む勇気なし。

外の自分を出すのは別に何とも思わない。

でも中の自分は出せない。

表面上の付き合いっていうんかなーそういうしかできない。

自分から壁をつくる。私の得意技。

でも、何かわからないけど、そういう自分に嫌気がさした。

というか、出せない分の自分を抱えてる気力がなくなってきた。

このままやったら何かが崩壊しそう

結構最近気付いた

でも誰かの前で口開いて自分のこと話すのは怖い

じゃあ書くんだったら何とかなるかな

またしても良く分からん確信をもってブログなんか書くことに

した訳であります。

二個も書いてたら余計自分分からんくなりそうだけど・・・

まぁいいや。とりあえずやってみようかなと。


ぁあもうちょっと書きたいけど眠いや。

まぁ最初の日記はこんな感じってことで。おやすみなさい。


Extra

プロフィール

こけっぷ

Author:こけっぷ
こけっぷです。
一応金魚ということですが、
時々魚人化して人間らしい行動もとります。
大阪の山奥でちゃんと勉強してます。
主に外国語を学んでおります。
基本的に外国語を話しているときは幸せです。
いつかは水槽を飛び出して海の向こうで暮らしてみたいです。
趣味は読書と音楽聴くこと。
本は最近東野圭吾さんのが気に入ってます。
音楽は手当たりしだい聴いてる・・・
邦楽、洋楽、どっちも聴きます。
それから英語劇をやってます。
役者もスタッフ(照明)も経験してきました。
これもこけっぷの生活になくてはならないもの。
できれば何かの形で一生関わっていきたい。

そんなこんなで読みにきてくれる皆さん宜しくです。
ちなみに金魚と言っても泳げません・・・(切実に)

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。